不動産の安心と満足をサポート

「お客様の笑顔に感謝」

「お客様の喜び = 自らの糧」Customer Satisfaction = Employee Satisfaction

よくある質問、Q & A回答集

身近な疑問をやさしく解説します。1000件以上の仕入現場、2000区画以上の不動産売買に携わった経験と、
その経験に裏打ちされた確かな知識でお客様にとってより良い情報を提供いたします。

不動産取引全般編

  1. 不動産の仲介手数料は誰がいつ払うのですか?
  2. 媒介契約とは何ですか?
  3. 専属専任媒介契約とはどのようなものですか?
  4. 専任媒介契約とはどのようなものですか?
  5. 一般媒介契約とはどのようなものですか?
  6. 個人間で直接売買することは可能ですか?(重要)
  7. 仲介手数料が高いと思いますが?
  8. 物件情報を提供した業者で購入しないといけませんか?(重要)
  9. その他の業者間トラブルはありますか?(重要)
  10. 同じ物件が別のチラシで安く出ていましたが大丈夫ですか?
  11. 信頼できる宅地建物取引業者を探すには?
  12. 業者の資金力で損害に対する補償内容が変わりませんか?
  13. 宅地建物取引業者の団体には協会が2つありますが?
  14. 途中で媒介業者を変更することは可能ですか?
  15. 一坪はどのくらいの広さですか?
  16. 不動産を購入する際の諸費用は全体でいくらかかりますか?(目安)
  17. 売買契約から引渡しはどのくらいかかりますか?
  18. 契約時の手付金や引渡し残金はどのように支払いますか?
  19. 抵当権の設定登記や抹消登記等はどのように行いますか?(重要)
  20. 特約条項とは何ですか?(最重要)
  21. 特約条項はどんな内容がありますか?(重要)
  22. 解除条件と停止条件はどう違うのですか?(重要)
  23. 売主及び買主が契約を履行できない場合はどうなりますか?(重要)
  24. 途中で契約を止めたい場合はどうすれば良いですか?(重要)
  25. 取引でトラブルにならないようにするにはどうすればよいですか?(重要)
  26. 相続登記がまだ未了の不動産物件は売却できますか?(重要)
  27. 売買契約直後に売主が死亡した場合はどうなりますか?
  28. 売買契約直後に買主が死亡した場合はどうなりますか?
  29. 権利証が紛失しましたが移転登記などができますか?(重要)
  30. 権利証が盗まれましたが悪用されないでしょうか?
  31. 仮登記とは何ですか?
  32. 相続した不動産に仮登記が付いていても売却できますか?
  33. 夫婦や親子で中古住宅を購入した場合の登記はどうなりますか?
  34. 借地解約による更地返還で、樹木の伐採は必要ですか?
不動産取引全般編全ての回答を見る

土地・道路編

  1. 建築できる土地はどんな種類がありますか?
  2. 完成宅地とは何ですか?
  3. 解体後の更地とは何ですか?
  4. 雑種地とは何ですか?
  5. 地目とは何ですか?
  6. 地目変更登記とは何ですか?
  7. 農地(田・畑)は購入できますか?(重要)
  8. 土地を選ぶ条件には何がありますか?
  9. 周囲の嫌悪施設とは何がありますか?
  10. 道路はみんな同じではないのですか?(重要)
  11. どのような道路や道がありますか?(最重要)
  12. 位置指定道路とは何ですか?
  13. 道路後退とは何でしょうか?(重要)
  14. 角地緩和とは何ですか?
  15. 容積率に制限はありますか?
  16. 敷地前面道路に側溝が無い場合に敷設できますか?
  17. 道路に水道や下水の本管が無い場合に敷設できますか?
  18. 土地の測量は簡単ですか?(重要)
  19. 土地の測量費用はどのくらいですか?
  20. 夫婦と子供の4人家族に必要な住宅と土地の面積はどのくらいですか?
  21. 日照採光とは何ですか?(重要)
  22. 道路に接していない土地は建築できませんか?(重要)
  23. 敷地の前面道路が私道の場合、建築するにはどうしたら良いですか?(重要)
  24. 「ハタザオ」とよばれる地形はどのようなものですか?
  25. 敷地と道路が接する長さが2m以上必要なのはどうしてですか?
  26. 土地を借地する場合に注意することはありますか?
  27. 借地で貸している土地はどうすれば返してもらえますか?(重要)
  28. 土地には公的な価格表示がいくつかありますが何がありますか?
  29. 地価公示・基準地価はどのように決まりますか?
  30. 路線価はどのように決まりますか?
  31. 固定資産税評価額はどのように決まりますか?
  32. 土地の固定資産税や都市計画税は建物を建てるとどのようになりますか?
  33. 土地名義人が複数になる場合はどのように登記しますか?(重要)
  34. 専門家が大規模な土地の履歴で注意することは何でしょうか?
  35. 土壌汚染対策法とはどのようなものですか?
  36. 土壌汚染調査と改良はどのように行うのですか?
  37. 汚染土壌の改良はいくらくらいかかりますか?
  38. 土壌汚染があった場合の売主責任はどうなりますか?
  39. 土壌汚染のおそれがある業種と扱う製品は何ですか?
  40. 市街化調整区域内にある実家の敷地とは違う別の農地で、長男の自宅新築が可能ですか?
土地・道路編の全ての回答を見る

戸建住宅編

  1. 戸建住宅にはどんなトラブルがありますか?
  2. 戸建住宅購入後にトラブルが発生したときはどうすれば良いですか?(重要)
  3. 瑕疵担保責任とは何ですか?(重要)
  4. トラブルを防止するためにはどうしたら良いですか?(重要)
  5. インスペクションとは何ですか?
  6. ホームインスペクターはどのように診断を行うのですか?
  7. 自分でできる建物チェックはどんなことですか?
  8. 戸建住宅の耐用年数はどのくらいですか?
  9. 戸建住宅の構造にはどんな種類がありますか?
  10. 住宅メーカーや工務店にはどんな特徴がありますか?
  11. 建築基準法の改正はいつどんな内容でありましたか?
  12. 鉄骨はどんな種類があるのですか?
  13. 重量鉄骨の特徴は何ですか?
  14. 軽量鉄骨の特徴は何ですか?
  15. 重量鉄骨と軽量鉄骨の構造以外の特徴はなんですか?
  16. 木造はどんな種類があるのですか?
  17. 木造在来工法の特徴は何ですか?
  18. 枠組壁工法(2×4)の特徴は何ですか?
  19. 軸組壁工法の特徴は何ですか?
  20. 既存住宅の断熱性能向上には何が良いですか?
  21. 雪害で雨樋が壊れましたが対策はありませんか?
  22. 日本の風土には昔からの木造が良いのではないですか?
  23. 火災対策にはどうすれば良いですか?
  24. 築30年以上の戸建住宅は何を基準に選べば良いですか?
  25. 建築確認申請や検査済証は必要ですか?(重要)
  26. 建築確認図面と現地建物の間取が違っていますが問題はありますか?(重要)
  27. 戸建住宅の査定はどのようにするのですか?
  28. 木造の戸建住宅は何年で価値が無くなりますか?
  29. 鉄骨系住宅メーカーのスムストック住宅とは何ですか?
  30. 3000万円特別控除とはどのようなものですか?
  31. 住宅ローン控除とはどのようなものですか?
  32. 3000万円特別控除と住宅ローン控除は同時に使えますか?
  33. 空き家を放置するとどんな問題になりますか?
戸建住宅編編全ての回答を見る

相続の基本編

  1. 相続はどういうことですか?
  2. 被相続人とは誰ですか?
  3. 法定相続人は誰がなりますか?
  4. 相続欠格となるのはどういう人ですか?(重要)
  5. 相続排除となるのはどういう人ですか?
  6. 代襲相続とは何ですか?(重要)
  7. 法定相続分とは何ですか?
  8. 法定相続分の割合はどのくらいですか?(重要)
  9. 指定相続分とは何ですか?(重要)
  10. 遺言とはどういうことですか?(重要)
  11. 遺言は何歳からできますか?
  12. 自筆遺言書とはどういうものですか?
  13. 公正証書遺言とはどういうものですか?
  14. 秘密遺言とはどういうものですか?
  15. 遺言信託とはどういうものですか?
  16. 家族信託とはどういうものですか?
  17. 成年後見制度とはどういうことですか?
  18. 遺産分割とはどういうことですか?(最重要)
  19. 相続はどういう方法で行いますか?(重要)
  20. 遺留分とは何ですか?(重要)
  21. 遺留分の割合はどのくらいですか?
  22. 法定相続人は具体的に誰がなりますか?(重要)
  23. 内縁関係の相手は法定相続人になりますか?
  24. 相続人がいない場合はどうなりますか?
  25. 相続権のない人に遺産相続ができますか?(重要)
  26. 遺贈とは何ですか?
  27. 遺贈と相続の違いは何ですか?
  28. 相続したくない人はしなくて良いですか?(重要)
  29. 相続開始を知った時から3カ月を過ぎたらどうなりますか?(重要)
  30. 負債だけ相続せず他の財産を相続する方法はありますか?(重要)
  31. 被相続人の負債がいくらあるか分からない場合はどうしたら良いですか?
  32. 限定承認で注意する点は何ですか?(重要)
  33. 被相続人から生前贈与があった場合の相続はどうすれば良いですか?(重要)
  34. 遺言執行者はどんなことをするのですか?
  35. 相続人の異母兄弟姉妹は相続人になりますか?
  36. 複雑な相続対策をするにはどうすれば良いでしょうか?(最重要)
  37. 司法書士・税理士・不動産鑑定士・弁護士の役割は何ですか?
  38. 遺産分割協議の合意ができない場合はどうすれば良いですか?
  39. 家庭裁判所の遺産分割の審判や調停は年間に何件ありますか?
  40. 相続税の申告と納付期限はいつまでですか?(重要)
  41. 相続税の申告と納付の期限までに相続登記も必要ですか?
  42. 配偶者控除はいくらでその効果はどうですか?(重要)
  43. 相続が発生したらまずどうすれば良いですか?(重要)
  44. 認知症になった配偶者が相続しなようにするにはどうすれば良いですか?
  45. 不動産を法定相続で分けようと思いますが、相続人のうち一人で相続登記の申請ができますか?
相続の基本編の全ての回答を見る

皆様からのお悩みやご質問を、「お問い合わせ」から受付いたします。
後日、携帯電話080-1624-9757またはメールで回答いたします。

  • ※ご質問の内容によりお答えできない場合がございます。また、虚偽・悪意・悪戯・悪質・犯罪行為等の反社会的な方及び内容のご質問は固くお断り申し上げます。
  • ※お客様から頂いたご質問事例は、今後このQ & A回答集に追加掲載させていただくことがあります。
  • ※一般の方向けのため、同業者様からのご質問はご遠慮願います。

徹底「カトリスタイル
安心充実のサポート3つのカタチ

不動産の安心充実

相談の安心充実

土地と住まいのエキスパートが実践的なコンサルティング営業

詳細をみる
相続の安心充実

相続の安心充実

相続のスペシャリストと提携サポート(相続対策・土地有効活用・納税相談)

詳細をみる
取引の安心充実

取引の安心充実

KASTシステム
(建築と不動産法令・現地調査・重要事項説明書・契約書のチェック、リスクマネージメント)

詳細をみる

カトリ不動産の5つの行動指針

全てはお客様の笑顔のために

  1. 1.お客様の目線で悩みや不安をお聞きします。
  2. 2.お客様の安心安全な取引をサポートします。
  3. 3.変化に柔軟に対応するため研鑚に努めます。
  4. 4.不正を排除し法令順守で社会に貢献します。
  5. 5.お客様の笑顔を自らの糧として追求します。
カトリ不動産5つの行動指針